Latest Posts

人間が進歩するためには、まず第一歩を踏み出すことである。ちゅうちょして立ち止まっていて
はダメである。なぜなら、そこにどんな障害があろうと、足を踏み込んではじめて知れるからだ。
ちょうど闇夜の道を行くのと同じである。
失敗ということは、その一歩の踏み込みだと思う。前進への足跡だと思う。
わが国には「サルも木から落ちる」という言葉がある。慢心とか油断へのいましめである。人間
には絶えずついてまわる心のゆるみだが、このための失敗には、私は寛容の心を持ちあわさない。
なぜかといえば人間に許される失敗というものは、進歩向上を目指すモーションが生んだものだけ
に限るのだと思うからだ。木登り以外に取り柄のないサルが、木から落ちてはいけないのである。
しかし私は、サルが新しい木登り技術を学ぶために、ある「試み」をして落ちるなら、これは尊い
経験として大いに奨励したい。
日本人は、失敗ということを恐れすぎるようである。何かやろうと思って失敗するより、じっと
していた方が賢明だという考えが、身についている。完全にロスである失敗も、向上の芽生えであ
る失敗も、区別する合理的な見識がない。失敗すれば「バカなやつだ」「出すぎた真似をするから
さ」と冷たい廟笑と非難をかう。味噌もクソもいっしょくたである。
←こちらではその他関連情報がたくさんあります。

FF042_L

これでは日本人のあらかたが去勢され「コトナカレ主義」にちぢこまるのも不思議ではない。し
かし、これではいけないのである。なんとかして、日本人の根性からこんな無気力な考えを追放し
なければいけないのだ。私にいわせれば、どだい、失敗を恐れて何もしないなんて人間は、最低な
のである。人間の誇りを捨てた生き方なのである。いつまでもこんな人間に、日本にうろうろして
いてもらいたくないのである。

まず若い世代に、これを悟ってもらいたいし、世間のオトナ達にも深く反省してもらいたい。
若いからといって、仕事をあてがうのに差別することは不当だし、若い人も変な遠慮をして、
消極的に引っ込んでいてはいけない。どんどん責任ある仕事に取り組む積極性がなければいけない。

若い人達の力を再確認して、充分にその力を発揮させることが大事だ。
何ができるかはやらせてみなければわからない。誰だって最初はミスもあり、スムースさを欠く。
それを恐れたり、避けたりしていたら、若い可能性の芽は枯れてしまう。
更に詳しく調べるなら、←こちらがお勧めです。

FF028_L

社長や重役の失敗は、ときには破滅の原因となるが”若い人の失敗には、そんな心配はない。
安心して、彼等に新しい仕事を与えるべきだ。大企業でも、すでに二十代課長、三十代部長が続々と生まれている。
もう現代では、若いエネルギーを無視して、発展も向上も考えられなくなった。
発展のテンポは、絶えず急速の度を加えている時代である。寸刻も油断の入るスキマもなく、前進のための創意工夫と、
同時にその失敗と原因の究明にも、エネルギーを傾注しなければ、とてもついてはゆけないと思う。
創意、試み、反省がシャープに、急速に、連続しなければ他に一歩先んずることは、絶対不可能だ。
言葉にすればこれまでのことだが、実際となるとこれは生やさしい作業ではない。
能力を限界の線で、酷使することである。それも短時間の勝負ではすまないのだ。
身も心も音を立てて消耗するような、労働なのである。これに耐え得るものは、強烈な若いエネルギーの他に、一体何があるだろうか。
私は知らない。
←こちらからの情報収集を始めましょう。

FF021_L

こういう時代なのである。失敗したからといって、くよくよしている暇はない。間髪を入れず、その原因究明の反省をして、
次の瞬間にはもう一歩踏み出さなければならないのである。今までのような「なぜそんなことをしたか」といった人間ギャクタイで、
お茶をにごしているわけにはいかないし、同様に、「すみません」というお涙ちょうだいの、情緒的な解決も通用しない。
木から落ちたサルは、謝る言葉を探していたり、そこで消沈していたのでは許してはもらえない。
落ちたら、その原因を追及して、そこから新しい工夫のヒントを探し、次の試みに意欲を燃やせばいいのである。

私の長年の経験から見ても、研究というものは、ほとんどが失敗の連続である。
新しい技術や理論を求める仕事というものは、九九%が失敗である。
もっとも研究のうちは、失敗とはいわない慣例になっているが、結局は同じことである。

ときたま鯛を釣りあげるが、そのために毎日せっせと金と時間を費やして、釣り場に通う太公望にも似ている。
餌をとられ、釣針までとられて帰る日だってある。だからといって絶望したり、断念したらすべてが無駄になる。
今度こそはという意欲と、工夫と努力を持続して、はじめて鯛を釣る喜びが味わえるのだと、私は信じているのである。
間取りは非常に重要です。←こちらのサイトからいろいろな事を参考にできます。

FF014_L

「流行」を生む”錬金術“の秘訣
現代人の生活の中から、流行というものを取り除いてしまったら、ずいぶん味気ないものとなるに違いない。
流行は、たしかに人間の手でつくられる。しかし、いったんつくられた流行は、今度は人間をぐんぐん引っぱり廻す。
そしていつの間にか、次の流行に押しやられ、やがて消えてゆく。流行とは実に得体の知れぬものである。
私は、流行というものを、こう考えている。芸術とは、何の関係もないものだと思う。
なぜかといえば、芸術はいつ、どこで、誰が接しても、変わらない心への訴えを持っていなければならない。
しかし、流行にはその必要はない。現在だけ人の心を満足させれば、それでいいのである。過去も未来もないのである。

流行とは、そういうものだと思う。だからといって、これで流行のすべてが説明されたわけではない。
いくら力んで、流行を生み出そうとしても、必ずしもそのようにはならない。実用の面も充分に備えていて、
それでいてその時代の大衆の心を、短時間のうちに掴みとる「何か」がなければダメなのである。
即日勤務可能アルバイト ←こちらでのサイトではいろいろな情報を取り揃えております。

FF008_L