若い人の失敗

社長や重役の失敗は、ときには破滅の原因となるが”若い人の失敗には、そんな心配はない。
安心して、彼等に新しい仕事を与えるべきだ。大企業でも、すでに二十代課長、三十代部長が続々と生まれている。
もう現代では、若いエネルギーを無視して、発展も向上も考えられなくなった。
発展のテンポは、絶えず急速の度を加えている時代である。寸刻も油断の入るスキマもなく、前進のための創意工夫と、
同時にその失敗と原因の究明にも、エネルギーを傾注しなければ、とてもついてはゆけないと思う。
創意、試み、反省がシャープに、急速に、連続しなければ他に一歩先んずることは、絶対不可能だ。
言葉にすればこれまでのことだが、実際となるとこれは生やさしい作業ではない。
能力を限界の線で、酷使することである。それも短時間の勝負ではすまないのだ。
身も心も音を立てて消耗するような、労働なのである。これに耐え得るものは、強烈な若いエネルギーの他に、一体何があるだろうか。
私は知らない。
←こちらからの情報収集を始めましょう。

FF021_L